diary2

2020年3月30日(月)
【3/30(トンタの森7回目ふりかえりC)】
僕はKei Kumagawaの本名を知りません。
他にも本名を知らないミュージシャンはたくさんいるんですが。
そういう界隈かもしれません。

僕自身今は釦というちょっと痛いライブ用の名前を名乗って3年たつので、本名が岡村恒(おかむらひさし)ということをご存知ない方もあるかもしれないです。


素顔を晒さない、演者は格好よく、
観せて聴かせなければならない、
適当に普段着でやったりするのは
耐えられない、


そんな
彼の考え方、モットー、ポリシー、を出会った頃に
色々聞かせてもらうことがありました。

はっきり意見を言うタイプのアーティスト。それだけに自分の言葉に責任を持ってライブに臨む。

彼のダークで、ロマンチックで
デカダンで、パンクで、ブルーズで
エロチックで、春歌みたいで、ピュアなラブソングみたいで

呪詛を吐きちらすようなロックンロールで、本当に孤独に絶望したことがある人だけが歌えるようなブルーズで、だけど少年のような潔癖な正義感も垣間見せ、


だけど一庶民としての、素顔は
ステージでは観せない。

そのかわり客席にいるとひょうきんで
にぎやかな兄ちゃんって感じになるけど…

そういう「金輪際パンク音楽家」のKeiくんとこの「トンタの森で会いましょう」という、彼のイメージとは
あまりそぐわないような、泥臭い、青臭い、テーマのイベントを一緒にやってみたい、と思った。

なぜかなあ。
まあ先ず一番の理由は
僕、岡村のイベントに
出演してもらいたかった。
でも僕の主催のイベントは
「6・19」という毎年6月19日に開催している福岡大空襲の日に毎年開催しているものと、この「トンタの森で会いましょう」の二つしかないので
必然的に
「戦争」とか「平和」とか
胡散臭くて言及することが難しいテーマに取り組んでもらうことになるのです。
これはKeiくんに限らず、今まで出演してくださった皆さんもそうなんですが…


自分自身も二つのイベントを立ち上げて、やってきたことが自分のアマチュアミュージシャンとしてのいい経験にもなったと感じています。

何か感じるものがあれば嬉しいなと思いながら
出演をオファーしてみました。

(続く)
まだ長いので…(^^)













3/30^12:28
[コメントする]







w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++